Shirane.jpg
「ちんじゅふ。vol.1後期型」
表紙(裏表紙)4C疑似エンボス加工仕様/本文40P (モノクロ1C32P+カラー4C8P)

「艦これ」を企画/開発する直接的なきっかけとなった本。鎮守府の「今」の風景を女の子のイラストと共にレポートする本です。本はA4横サイズの正方形(210mmx210mm)無線綴じ仕様。日本にあった4つの鎮守府のうち、第一弾のこの本では、舞鎮と呉鎮、つまり舞鶴鎮守府と呉鎮守府の「今」(といっても取材当時です)をご紹介しています。舞鶴鎮守府は、日本海側唯一の鎮守府で、赤煉瓦倉庫群が有名ですが、引き揚げ船の拠点となったところでもあります。呉鎮守府は、あの戦艦「大和」を建造した呉海軍工廠など、かつては東洋最大規模の軍港都市でした。敗戦後、海軍が滅ぶと共に鎮守府も消滅しましたが、現在も当時の建物や時代の痕跡が残っています。また、海上自衛隊さんの艦艇が展開していたり、当時由来の美味しい料理があったり見どころいっぱい!可愛いイラスト、そして、かつて海軍の街として栄えた鎮守府の今の情景、さらに艤装をつけた艦艇疑似化でお贈りする…という、まさに「艦これ」の初動となった本、その増刷後期型です。
この本を作る取材の中で、海自護衛艦「ひゅうが」の中で、彼女と彼女によりそうよな航空戦艦「日向」の額装された絵画を見て、なぜか涙がどんどん出来たのが、「艦これ」開発の直接的なスタートとなりました。

c09.jpgc09.jpg静かな海、その護りの艦

c05.jpgc05.jpg呉鎮守府庁舎跡を巡る。

c03.jpgc03.jpgあの「肉じゃが」を作る!

c04.jpgc04.jpg護衛艦の訓練弾(SAM)

c08.jpgc08.jpg海軍レシピをご一緒に!

c02.jpgc02.jpg迫力の「てつのくじら」

c06.jpgc06.jpg呉海軍工廠の継ぐもの

c07.jpgc07.jpg舞鶴の「はやぶさ」

LinkIcon




LinkIcon



C2機関 C83 ちんじゅふ。別冊 自衛隊観艦式解説本
かんかんしき。
Kan-Kan-Shiki
The Reliable Sea Power /JMSDF Naval Review 2012

C2_C83_B1.jpg
A4変形222mm x 200mm/フルカラー4C40P仕様

一冊まるまる「自衛隊観艦式」を特集した、「かんかんしき。」2012年は3年の一度のこの一大ページェントが開催された年。「ちんじゅふ。」「そうかえん。」「くうじき。」を読んで頂いた方なら、やるんじゃないかな~って予想された方も多いハズ。もち、やりました!C2機関、横須賀から護衛艦に乗艦し、相模湾に取材に行って参りました!壮大です!雄大です!ダイナミックです!この感動と興奮を貴方に!ガトー少佐もいないので、安心して楽しんで!観艦式レポから話題の全通甲板DDH-181「ひゅうが」の艦橋潜入まで、盛り沢山の内容でお届けします!

C2機関 C81 ちんじゅふ。別冊 自衛隊富士総合演習読本
そうかえん。
SOUKAEN
-The Comprehensive Fire Power Exercises of JGSDF-
C2_C81_banner20S1.jpg
A4変形(210mm x 210mm)/4C28P仕様

C2_C81_S_H1H4_sample720_.jpg
富士総合火力演習、略して「総火演」。富士の裾野で毎年行われる国内最大の陸上自衛隊の総合演習、それが、【そうかえん】です。巻き上がる砂塵、唸りを上げて疾走する74式、90式戦車、特科火力の咆哮、目を見張るヘリボーンの機動、そしてあの新型の姿も!C2機関が、初めて今年観戦参加した総合火力演習の魅力と、そこで見ることができる各戦闘車両や隊員達の輝きを、「ちんじゅふ。」フォーマット改でお贈りします。富士の裾野の戦車駐屯地での撮影や巻末のAppendixもお楽しみに。富士総合火力演習観戦読本「そうかえん。」、よろしくお願いします!
観艦式レポから話題の全通甲板DDH-181「ひゅうが」の艦橋潜入まで、盛り沢山の内容でお届けします!

C2機関 C82新刊 航空自衛隊機応援本
くうじき。
Ku-U-Ji-Ki The Wing Powers of JASDF's Planes
C82_banner1.jpg
A4変形210mm x 210mm/フルカラー4C36P仕様

航空自衛隊の現用機と研究開発中(C82当時)の機体を応援する「くうじき。」です。F-15J/DJ、F-2A/Bの作戦機もちろん、T-4、E-767やXC-2まで網羅。さらに、なんと技術研究本部の協力を頂き、あの先進技術実証機(ATD-X)も特集なのです。航空ファンの方も、そうでない方も注目の一冊になっています。